不動産の取り扱い

相続手続きの時に困ることとして挙げられているのが、不動産物件です。相続する人のうち誰かが使用するのであれば問題ありませんが、固定資産税の支払いや管理に関してうやむやのまま保有していても、後でトラブルになる可能性が高いです。

もし誰も管理を希望せず、住みたいと思わないのであれば思い切って売却したほうがいい場合もあります。不動産物件のままで相続人同士で話し合い、分け合ったとしても、跡から広さや土地の環境がといった部分でトラブルが発生する可能性はとても高いです。

何もせず放置すると建物の傷みが進んだり価値の低下が生じるので、誰かが住むなど活用の道がないなら売却して手放すことを検討するのが賢明な可能性があります。

相続した後を考える

家を相続したらどうするかという検討はとても大切なポイントです。住宅であれば住むという選択肢もありますが、放置してそのままだと問題になったり、損してしまうこともあるので注意です。

特に残す理由が無い家の場合、思い切って売却し、現金に換えて遺産分割を行ったほうが良い結果になることも多いといいます。

不動産売却に関しては、時間がかかる場合もあるため、その間に費用が発生した場合は誰が立て替えるのか、建て替えなどを行う場合は土地売却の費用からその費用を差し引いていいのかなどを話し合い、事前に相談しておくほうがいいでしょう。

家を相続する場合

思い入れが強い家や住む方が決まっている家や売らずに残して相続したいと考える方が相続する家の場合は残すことを前提に検討を行うことになります。先祖代々が住んでいて守らなければならない土地や家だというケースもあるでしょう。

住宅を相続する場合、相続登記を行う必要があります。これは相続の際に行わなければならない、建物の名義の変更手続きです。

相続はとても複雑であり、ケースによってどのように対応すべきかが異なっています。詳しくは専門家に相談・依頼することで、トラブルが起きる確率を減らせるはずです。