小規模宅地の特例

都市部での宅地の相続は、地価上昇の影響で税負担が高額になりがちですが、相続した土地に家族が暮らしていると困ります。売却で済む問題ではありませんから、そういう困った時に役立つ負担軽減の方法を知っておくのが良いでしょう。特例の1つ小規模宅地の特例は、居住に使用する土地、あるいは事業用途の土地を相続した場合に評価額を減額してもらう仕組みです。

評価額が減額されれば税の負担が減りますし、税そのものの支払いがなくなる可能性もあります。実際に特例を適用した場合に減額される評価額はケースバイケースですが、80%の減額になるケースもあるので侮れないです。この特例適用に必要な要件は、被相続人と同居していた配偶者が土地を取得したり、同居親族による取得と、税申告期限までに宅地の居住や保有などです。

また同居していない親族であっても、該当する宅地を取得して日本に住所を有していたり、日本に住所がなくても日本国籍があれば特例適用を受けられる可能性があります。特定事業用と貸付事業用宅地に関しても、要件を満たせば評価額の減額によって相続税の負担軽減が実現します。

「住宅の相続は事前の検討が鍵」のトップに戻る