相続の単純承認とは何か

相続をする場合には、単純承認と限定承認そして相続放棄と呼ばれるものがあります。その中で一般的に使用されるものは単純承認と言われるものです。本来であれば、この形が一般的なためわざわざ他の2種類と分ける必要はないかもしれません。仕組みとして理解しておきたいのは、プラスもマイナスも全て引き受けることを意味しています。

例えば、住宅が財産になる場合、その価格が30,000,000円だったとします。そうすると、子供たちや配偶者はその分を受け継ぐことになるわけです。しかしながら、プラスの財産もあればマイナスの財産があることも理解をしておきたいところです。

ここで言うマイナスの財産とは、借金のことを意味しています。借りているお金がなければ問題ありませんが、借金があった場合には単純承認以外の方法を選択するケースもあるでしょう。

例えば、実は隠れたところで借金をしており30,000,000以上の借金があったとすれば、住宅を手に入れたとしても借金も同時に手に入れるため、財産を引き継いだ分お金を払い続けなければいけなくなります。

「住宅の相続は事前の検討が鍵」のトップに戻る