相続は生前に考える事が重要

老後のセカンドライフを過ごしている人にとっては、貯金している財産を元気なうちは特に気にせず使っていこうと考える人は多いです。
しかし、いずれ死期はきてしまいますので、残された家族の為に確実に渡したい人へ財産を相続する事をよく考える事をお勧めします。


なぜなら、複数の子供がいた場合に介護の世話を長期間してくれた子供と、都心などの遠隔地で実家とは離れた場所で正月にも帰省してこない子供でしたら、金額に差を付けたい理由も解ります。
実家で子供が同居している人と、独立した子供がいる場合にも、均等に分割してしまうと今まで実家に住んでいる子供が住めなくなるという事象まででてしまいますので注意が必要です。


借金などがある場合は事前に相続人に報告しておくことで相続放棄を行う事も可能になります。”