「成年後見監督人」

「成年後見監督人」とは、家庭裁裁判所の職権によって監督人が選定されるようです。多くは弁護士、司法書士、社会福祉士などの士業従事者が業務を担っているようです。選定の目的としては、親族によるところの後見人の不正を監督したり、被後見人の資産管理や運用が容易ではないケースに選任されることがみられるようです。「成年後見監督人」された場合、後見人は監督人の指示に従い、定期的に後見人として行った業務内容などに関する報告を監督人に行わなければならないようです。必要性に応じて選任される後見監督人と後見人の間には、直接的な関係性がうまれますが、被後見人と後見監督人の間には通常直接的な関係性はみられないとされているようです。